御客様に支えられ、創業72年
産業機械設計製作・3Dターニングマシン・トル皮ネード(農産物皮むき機)のことなら北海道旭川市の旭川機械工業株式会社

ホーム > 会社概要

会社概要
御挨拶 企業理念 経営理念 社是 ビジョン 会社概要 沿革 アクセスマップ 採用情報
ヘッダー画像
御挨拶

未来へ向けて永続的に在り続けられる、必要とされる企業を目指します。

平素は格別なる御引き立てを賜わり誠にありがとうございます。
弊社は、1947年の創業以来、たくさんの方々に支えられ、力添えを賜わり、今日まで事業を行なってくることが出来ました。
今後も喜ばれるものづくりを目指し、想いを込めた製品を御客様のため、社会のため、家族のために製作し、日々前進、日々成長を続け、皆様に喜ばれる企業で在り続けたいと思っております。

創業以来、時代の変化に柔軟に対応しつつも、ものづくりに対し真摯に向き合って参りました。
今まで培ってきた技術・経験、そして新たな挑戦とを融合させ、さらに付加価値の高い会社を目指し、日々精進して参ります。
夢や希望を社員全員が持ち、誇り高く、やりがいのある仕事を執り行えるような事業展開を目指していきたいと思っております。

先行き不透明な時代と言われておりますが、このような時代だからこそ、我々にしか出来ない、我々だから出来るものづくりを行ない、様々なニーズに柔軟にお応えして参りたいと思います。
日々努力を重ね、より良い企業を目指し、社員一丸となって邁進して参りたいと思いますので、今後とも何卒ご指導、ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。
多くの方々に支えられていることに心から感謝申し上げます。

代表取締役 関山 真教

企業理念

私達は、創業昭和22年以来、御客様と向き合い、要望を受け取り、設計、製作をして参りました。かゆい所に手が届く、配慮の効いた、そして想いを込めた製品を御客様のため、社会のため、家族のために製作し続けます。

旭川機械工業の原点は、「ものづくり」。これからも喜ばれる「ものづくり」を行い続けることが、旭川機械工業で仕事をする全員の使命。

旭川機械工業(株)が旭川機械工業(株)で在り続けられるためには

  • 働くみんながいるから在り続けられる。
  • 発注してくるお客様がいるから在り続けられる。
  • 生産できる工場・設備があるから在り続けられる。
  • 技術があるから在り続けられる。
  • 使命があるから在り続けられる。
  • 健康でいるから在り続けられる。
  • 支えてくれる方々がいるから在り続けられる。
  • 仲間がいるから在り続けられる。
  • 家族がいるから在り続けられる。
  • 経営理念

    一、弊社は常に信頼性のある優秀な製品を廉価に生産して社会に貢献し、御客様に満足していただける「ものづくり」を目指し、社会と調和しながら「人の豊かさ」を追求します。

    一、日々前進・日々成長を続け、新しい価値の創造にチャレンジし、人間性豊かな環境づくりと、誠実な組織活動を通じて豊かな経営資源を育て、永続的に社会的使命を全うします。

    一、多様化するニーズに的確に対応し、全社員が一丸となって社会の発展に貢献することで、顧客と地域社会から信頼される活発な価値あるオンリーワン企業を目指します。

    一、「信用・信頼」を基本理念とし、顧客・従業員・家族・社会のみんなに喜ばれる企業創りに専念します。

    社是

    ・技術の錬磨 ・・・ 品質の確保と向上心

    ・創意工夫  ・・・ 優しい環境、豊かさから生み出される職場環境

    ・品質の管理 ・・・「労働」「品質」「情報」の安全・責任

    ・生産性の向上・・・「正確」「適宜」「適切」な情報共有

    ・納期の厳守 ・・・ 顧客・地域社会との良好な関係、信頼

    ビジョン
    中期ビジョン

    サプライヤーとして、メーカーとして、本業の長期的な基盤づくりに専念し、コンプライアンスの整備構築をするとともに、全社員が本気で長く働き続けられる環境づくりを目指す。


    目的ビジョン

    地域で信頼される企業であり続けることで、地域業界のトップリーダーになるため、CSR(社会的責任)にきちんと取り組める会社を目指す。

    会社概要
    商    号 旭川機械工業株式会社
    本    社 〒079-8453 旭川市永山北3条7丁目1-11
    TEL:0166-48-7261 FAX:0166-48-7263
    代  表  者 関山 真教
    創    業 昭和22年2月22日
    資   本  金 1000万円
    社  員  数 12名
    取  引  先 兼松エンジニアリング株式会社
    国策機工株式会社
    佐藤鋳工株式会社
    サンエイ工業株式会社
    ナラサキ産業株式会社
    日鉄鉱業株式会社
    日本製紙株式会社
    竹本容器株式会社
    北海道農材工業株式会社
    北海道ホンダ株式会社
    株式会社マルハニチロ北日本        ※五十音順
    取引金融機関 北洋銀行 永山中央支店
    日本政策金融公庫
    旭川信用金庫 流通団地支店
    沿革

    昭和22年 2月 旭川市4条22丁目にて関山秀雄が旭川機械製作所を創業
    昭和28年 2月 設備拡張のため旭川市4条16丁目に移転
    昭和36年12月 業務拡張のため旭川大雪通3丁目に移転
    昭和38年 2月 株式会社旭川機械製作所として発足
           資本金200万円
    昭和41年 5月 資本金350万円に増資
    昭和45年 3月 資本金500万円に増資。名称を旭川機械工業株式会社に変更
    昭和45年10月 北海道地方発明表彰 優秀賞 受賞
    昭和49年10月 設備拡張のため旭川市永山町七丁目(鉄工団地)に新築移転
    昭和50年10月 資本金800万円に増資
    昭和53年 8月 資本金1000万円に増資
    昭和58年 6月 工場増築
    平成 2年 2月 代表取締役を関山秀雄から関山憲充に継承
    平成 3年 6月 レーザー加工機導入
    平成23年 3月 旭川信金産業振興奨励賞 奨励賞 受賞
    平成23年10月 旭川元気ものづくり大賞 準大賞 受賞
    平成24年 2月 第9回新機械振興賞 機械振興協会会長賞
    平成27年11月 北海道産業貢献賞 受賞
    平成27年12月 経済産業省 ものづくり地域貢献賞 受賞
    平成28年10月 公益社団法人発明協会 発明奨励賞 受賞
    平成29年 3月 経済産業省 はばたく中小企業・小規模事業者300社受賞
    平成29年11月 日本木工機械展 ウッドエコテック2017 技術優秀賞受賞
    平成31年 2月 代表取締役を関山憲充から関山真教に継承

    創業当時の写真
    アクセスマップ